fc2ブログ

大分というマチに向けて 

今日は、大分のフリーペーパーunus(アナス)の一時休止に伴い行われている、unus exhibitionに行ってきました。

場所はwazawazaから歩いて10分程(もかからない?)にある、コトブキマチR・Studioという新しい貸しギャラリー・貸しスペースです。

20100626-2

unus exhibitionでは創刊号から最新号ま全て展示してありました。

大分というマチに向けて発信してきた足跡です。

20100626-1

もちろん読み放題です。

明日27日(日)まで行われています。


じっくりとunusのバックナンバーを読んだ後、unusのmeteoさんとR・Studioのスタッフさんと少しお話をさせて頂きました。

やっぱり大分にも、文化やアートに関してそれぞれ面白いことを考えて活動されている方がいますね。

色々な取り組みをされている方とお話できると、良い刺激になりますし、エネルギーを貰えます。

でも、現時点ではそれが点在してしまっていてもったいないように感じます。
エラそうにすみません…)

それぞれが点と点の状態。

その点と点をつないで線になり、それが面になったとき、きっと大分のマチの何かが変わると思います。

mosaicとしても、どうやって大分に散らばる点をつなぎ、大分のマチに向けて何を発信していけるか…ということを最近よく考えます。

自分がマチに向けて出来ること…


今unusでは、最終号の特集「未来への提言」として、大分のこれからについて皆様の意見を募集しています。

「大分に対する思い」

「現状の問題」

「未来のこと」

「こんな街にしてほしい!」

などなど、堅いことは考えずに思ったことをそのまま投稿してみてはいかがでしょうか?

ちなみに120文字以内でのようです。

集まったコメントは、ツイッター、unusのウェブサイトで公開し、さらに市役所・県庁にも提言書として提出するそうです。

投稿はこちらまで


ツイッターアカウント→ @freepaperunus ハッシュタグは #m_oita
メール→info@unus.jp

皆さんもぜひ、大分というマチにむけて一言!


◆匠太郎◆



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00mosaic00.blog93.fc2.com/tb.php/184-bf156499